ペットのお葬式と火葬ができる メモリアル想庵 福岡支店

メモリアル想庵ブログ

こんなんでいいのか。

2017.11.16  タグ:

互助会は相互扶助という思想から生まれた。

部落で誰かが亡くなったときは、隣保班がその家に集まり、

炊き出しをしたり、葬具を用意したり、

葬列の準備をしたり、荼毘を手伝ったり、

喪家の家だけでは、費用も人手も足りなかった。

また、葬列をする際、柩を抱える輿がいずれ祭壇になり、祭壇を飾るようになった。

その祭壇を含め葬具品を用意するのは容易ではなかった。

そのため、前もってみんなで費用を出し合い準備をした。

そして、誰かが亡くなった時は、それを使用した。

それが根底にある。みんなで助け合おうよ。という根底が。

時代は流れ、今は互助会が批判され続けている。

時代が変わった、そんな時代ではない。互助会企業は詐欺集団だ。

と批判するものも多いが、時代が変わったのではない。

人の考えが、心が変わっただけである。

もう他人の為には助けない。

自分は自分。

私も偉そうなことは言えない。

私もきっとそうであるから。

この先、こんな時代だから、互助会の根底の思想を復活させようとなるのか。

いや、なりはしない。

家族だけでお金を掛けずに葬儀は終わらせたい。だから安い葬儀社を選ぶ。

いっそ、葬儀なんてしない。

そういう時代が来ているのだろう。

こんなんでいいのか。

Copyright (C)2017 想庵 All Rights Reserved.